[an error occurred while processing this directive]
日本矯正歯科センター モバイル

矯正歯科基礎知識
矯正歯科の種類

【コルチコトミー、オステオトミー併用矯正】

コルチコトミー、オステオトミー併用矯正とは、簡単に言うと、歯を支える骨(歯槽骨)に切れ目を入れることです。
歯槽骨の表層を皮質骨、内側を海綿骨と言い、表層の皮質骨の一部を除去することをコルチコトミーと言います。
その骨の部位により名称(コルチコトミー、オステオトミー)が異なります。
個人差はありますが、歯を支える骨に切れ目を入れることにより、歯が動きやすい環境をつくり、矯正装置を装着する期間を通常の1/3〜1/2に短縮することが可能となりました。
多くは1年程度、症例によってはわずか3、4ヶ月で矯正治療を終了できる場合もあります。
なお、骨に切り込みを入れるため、成人が対象です。

コルチコトミー、オステオトミー併用矯正は、矯正治療期間が短縮されるだけでなく、歯にかかる負担を減らせることや、後戻りしにくいなどのメリットがあります。歯科矯正学、解剖学、口腔外科学、歯周病学など多岐にわたる高度な知識・技術を必要で、日本国内で、コルチコトミー(オステオトミー)併用矯正を行える歯科医はまだ限られています。コルチコトミー、オステオトミー併用矯正の症例・臨床経験が豊富な医師のもとで治療することが望ましいと言えます。


矯正歯科の基礎知識一覧
TOPページへ戻る


(C)日本矯正歯科センター