[an error occurred while processing this directive]
日本矯正歯科センター モバイル

矯正歯科基礎知識
矯正歯科の種類

【マウスピース型矯正】

「アライナー」という透明な取り外しのできるマウスピース型の矯正装置を使用する方法で、上顎または下顎それぞれの歯列全体を包み込む形をした新しいタイプの装置です。
約2週間毎に新しいアライナーに交換しながら一日20時間以上装着し、歯を徐々に移動させます。食事や歯磨きのときなどの短時間の取り外しは可能です。
他の矯正法とは違い装置が取り外し可能で、ブラケットやワイヤーも装着しないのでほとんど目立ちません。複数の種類があり、メーカーによって製造の流れや交換頻度、材質が異なる場合がありますが、いずれも自分で簡単に装着・取り外しができて、軽くて目立ちにくい材料・形状なのが特徴です。
この方法は歯を抜かなくてもすむような比較的簡単な矯正治療にしか適用できません。
「インビザライン」、「クリアアライナー」、「アクアシステム」などの方法が一般的です。


矯正歯科の基礎知識一覧
TOPページへ戻る


(C)日本矯正歯科センター