[an error occurred while processing this directive]
日本矯正歯科センター モバイル

矯正歯科基礎知識
矯正歯科の種類

【インプラント矯正】

ワイヤー矯正の場合は、ワイヤーで繋がった歯と歯がお互いに引っ張り合う事で歯を移動させますが、それぞれの歯が移動してしまうので、引っ張る力が安定しませんでした。インプラント矯正では、矯正用のインプラントを顎の骨に埋入し、そこを支点にして歯を移動させます。矯正用のインプラントはチタンでできていて、顎の骨と結合する性質を利用して安定した力で歯を移動させる事ができます。
インプラント矯正とは、まだ新しい方法で、行っている歯科医院は多くありませんが、ワイヤー矯正で2〜3年かかる治療期間が、インプラント矯正では矯正にかかる治療期間が約半分ほどに短縮され、良い治療結果も得られやすい注目の矯正法です。インプラント(またはミニインプラント)を固定源として使用することによって歯の確実な移動が可能となり、その結果治療期間が大幅に短縮され、さらに良い治療結果が得られやすくなります。
インプラント矯正は、舌側矯正と同時に行われる場合もあります。


矯正歯科の基礎知識一覧
TOPページへ戻る


(C)日本矯正歯科センター