[an error occurred while processing this directive]
日本矯正歯科センター モバイル

矯正歯科基礎知識
矯正歯科の種類

【外科手術による矯正】

顔のゆがみや、顎の出っ張り等、矯正治療と外科的手術を併用した治療方法です。
矯正治療単独ではだけでは十分な噛み合わせを確立することが困難な場合、外科的手術を併用する矯正治療をおこなうことで、噛み合わせのみならず、顔貌の改善も可能とする治療方法です。

顎が曲がっている。受け口の程度が大きい。出っ歯の程度が大きいなどの症状はすべて顎変形症といい、矯正単独では難しい治療です。

顎をまっすぐにする手術、顎を出す手術、顎を下げる外科手術を行いその後、ブラケットで歯列の調整を行います。そのため、治療にはチームアプローチが必要です。

外科手術は大学病院などの公的医療機関で行ない、矯正治療は育成更正医療指定機関に指定されている医院で治療を受ければ保険が適用されます。 保険治療を行う場合、装置は金属製に限定され、透明な装置や裏側の装置は使用できません。

育成更正医療指定機関とは、厚生労働省から認定を受けた医療機関の事で、身体上の障害を軽減し、日常生活を容易にするための治療を受ける事ができる医療機関です。児童の場合は育成医療機関での受診となり、成人の場合は更正医療機関での受診となります。

矯正歯科の基礎知識一覧
TOPページへ戻る


(C)日本矯正歯科センター